2013年5月アーカイブ

ヒアルロン酸による豊胸の方法

a1180_007218.jpg

ヒアルロン酸を用いた豊胸手術はどういった手順で行うのでしょうか。最初にすることは、カウンセリングです。希望する豊胸の状態を、カウンセリングの場で相手に伝えることです。全体に大きく、上部だけなど、どの部分を大きくさせたいのかなどを詳しく話しをしましょう。カウンセリングが終了したら、いつヒアルロン酸注入による豊胸手術を行うことにするか決めます。時間的に30分ほどで施術は終わります。

施術後の腫れや痛みが無いかなどの確認があるので、ヒアルロン酸の豊胸術は全体で1時間程度かかります。豊胸手術が終わった翌日には、シャワーを使うことが可能です。激しく体を動かせるのは1カ月ほどしてからでしょう。胸にヒアルロン酸を注入するとしばらく張りを感じることがありますが、1習慣程度で体に馴染みます。体内に取り込んだヒアルロン酸が体としっかりくっつくまでは、体型を矯正するようなきつめの下着は避けた方が無難です。注入した針の痕は、1週間ほどできれいになり、目立たなくなります。

ヒアルロン酸豊胸手術が関心を集めている理由の1つに、術後のマッサージケアや繰り返しの通院が不必要なこともあります。とても手軽にできるヒアルロン酸による豊胸施術ですが、施術を担当する技量によって術後の状態には差があります。ヒアルロン酸を使った豊胸手術を受ける時には、口コミやインターネットを活用した下調べが重要になります。

ヒアルロン酸による豊胸のメリット

ヒアルロン酸注入での豊胸手術の利点は何があるでしょう。30分もあれば手術を受けることができる気軽さが、ヒアルロン酸注入では喜ばれています。短時間でできるわけですから、会社帰りやお休みの時でも気軽に豊胸の施術を受ける事ができます。入院せずとも手術は可能ですから、親しい人に知られずに受けることができます。

胸全体に注入する方法や上部だけに限定して施術する方法などもあります。自分の希望に沿って、希望通りの形にバストを大きくできることも、ヒアルロン酸注入の利点です。授乳期が済んだ時に、胸の上側だけ小さくなったという人にもぴったりです。上側に重点的にヒアルロン酸注入を行えば、乳房上部のふくらみが回復できます。

ヒアルロン酸による豊胸の場合は注入後、数ヶ月経過した後に追加の施術も可能な点も、利用しやすさのポイントです。例えば、一回目のヒアルロン酸注入では100ccを入れて見たけれど、それだけではややもの足りなさを感じるという人もいます。少し追加するということも、ヒアルロン酸による豊胸術ならば可能なのです。ヒアルロン酸を注入することで、バストを大きくしつつも右と左の形状の差を縮めたい人や、ちょっとだけの豊胸手術を希望する人などでも利用できます。

ヒアルロン酸による豊胸

ヒアルロン酸を使った豊胸術が、最近は注目を集めているようです。胸をより大きくするために、ヒアルロン酸を注射してボリュームアップするという美容整形手術です。今までの豊胸というと、シリコンや食塩水などの入ったパックを胸に埋め込む手術が有名でした。極端な豊胸ではないほうがいいという人は、自分の脂肪を部分的に注入する手術をしていました。最近はヒアルロン酸を使ったプチ豊胸が人気があります。

ヒアルロン酸注入による豊胸手術が人気があるのは、手術がごく短い時間で済み、体への負担が少ないことです。手術痕が残らないことや、お値段がリーズナブルなことも多くの人に喜ばれる理由です。豊胸手術は、他人には内緒でやりたい人がたくさんいます。わざわざ入院せずとも手術が受けられることや、時間をかけずに豊胸できることは、多く人にとって望ましいことでしょう。

従来の豊胸方法と比べて、金額的に安い事はヒアルロン酸による豊胸手術の魅力となっています。これまでは、豊胸手術といえば40万円~50万円かかるのが当たり前のことでした。ヒアルロン酸による豊胸の場合は、注入量によって掛かる費用も調整できます。主として若者層の間でヒアルロン酸注入による豊胸手術がよく行われているのは、お金が安く済ませられることもあるでしょう。