しみやしわの予防

しみやしわの予防は年齢を重ねるにつれて誰でも気になるものです。しみやしわを予防するためにはどんなことに気を付けたら良いのでしょうか。



紫外線から肌を守ることが、まず基本です。紫外線を長期間浴びていると、肌にしみやしわが増加します。できてしまったしみを消すより、しみができないようにすることが現実的です。紫外線には十分注意しましょう。太陽の光が弱い時でも、紫外線は肌に影響を及ぼしています。紫外線対策グッズや日焼け止めクリームは切らさないようにしましょう。



お肌にできるしわも、紫外線と関わりがあります。紫外線による光老化で、肌の状態が変化しているためです。紫外線は皮膚から水分を奪いますので、目元や口元などが乾燥しやすくなります。乾燥した部分に無数の小さなしわができてしまうのです。水分が不足したまま放っておくと、本格的なしわになってしまうそうです。



肌が紫外線で乾燥した場合、化粧水などで水を補っても元どおりの状態にはなりません。しわの原因になっている、コラーゲンのこま切れ状態は解消されないのです。しみやしわのない肌でいるためには、紫外線から肌をがっちりガードすることです。年を取ってもしみやしわの少ない状態を保ちたいという場合、UVグッズやサンオイルなどで紫外線が肌に届く前にカットすることです。